料理はクリエイティブだ!!

料理は季節の食材や定番食材をさまざまな調理法・味付けを組み合わせれば、無限大。そして、料理の楽しみ方も人それぞれ。そんな楽しい料理について考えています。

スポンサーリンク

薬膳に欠かせない五臓六腑とは?基本を押さえて生活に活かす。

去年から薬膳教室に通い始めて、このブログにも少しずつ書いています。

ひょんなことからブログを読み返し。。肝心な五臓六腑について書いていない!という事実に気が付きました・・・

 

この五臓六腑を理解して自分に合う食材を選べるようになるのです!

そんな肝心なことを書き忘れていたワタクシ。。そんな基本を書いていなくて、自分でもびっくりでした。 

 

 

f:id:creative2016:20180217192316j:plain

薬膳の五臓六腑とは

西洋医学五臓六腑は内臓そのもの(心臓・肺・肝臓など)

薬膳など中医学の世界の五臓六腑は目に見えない臓器の働きを示しています。

 

五臓→肝・心・脾・肺・腎

六腑→胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦(関係臓器がない三焦をはずして五腑とすることもある)

 

五臓は、精・気・血を備蓄する蔵するという機能の総称。実質性臓器。

陰陽の陰になる

六腑は、空間のある構成で精・気・血を動かす働きをする中腔性臓器。

陰陽の陽になる

 

五臓六腑も経絡を通じてつながっているため臓腑は一対の陰陽関係になります。五臓が弱ると六腑に症状がでてくるといった感じですね。

(六腑の三焦は対象臓器がありません)

 

五臓六腑の対比

五行 五臓 五竅 五腑 五味 五主 五志 五華 五季
小腸 血脈
肌肉 長夏(土用)
大腸
膀胱

 

「木は曲直をいう」生長し昇発する特性

「火は炎上をいう」炎熱で上昇する特性

「土は稼穡を妥く」種植収穫し万物を生化する特性

「金は従革をいう」粛殺し変革する特性

「水は潤下をいう」滋潤し下行し寒冷の特性

さまざまな事物を五行に分類するとともに、すべての事物はこの五種の物質の相互作用 と相互変化によって構成されているという考えです。

 

いままでブログで書いたこと・書いていないことが自分の中でもごちゃごちゃになっていました。原因は五臓六腑の考えを書いていなかったから。。

今年は落ち着いて(苦笑)一つずつまとめていきます!

 

 

 

 

薬膳的視点 生理の周期に合わせた生活で健康寿命をのばしていこう!

薬膳を生活に取り入れて、1年以上が過ぎ、身体の変化を感じるようになってきました。

f:id:creative2016:20180210210215j:plain

 

特に生理周期を意識して、食事を気を付けるようになってから、特に身体の調子がよくなってきました。あまりよくない時も無理をしないようになりました。

女性の生理周期って、経血があるからわかりやすいですが、男性にもあると驚きもあるとともに、まあそういえばそうかと思ったりしてしまいました。

男にも生理があるんですよ?|気まぐれ産婦人科医のひとりごと

 

男性・女性にかかわらず、その時の体調に合わせた食生活や生活をしていくことが大事!

そういう日ごろの養生が健康寿命をのばすし、楽しく暮らせる第一歩。

 

health2016.hateblo.jp

 

 

health2016.hateblo.jp

 

 

health2016.hateblo.jp

 

 

health2016.hateblo.jp

 

特に予定が立て込んでいるとか強いストレスがあるなど、いつもと変わらない。でも、いつもよりもむくんでいるな、眠気が強いな、など感じるときは

生理周期がどこにあるのか?季節の変わり目?

など原因を探って、それに合わせた養生。

 

薬膳を勉強して、確実に身体が答えてくれている実感があるので、

今後ももっと勉強を積み重ねていきたいと思います。

 

 

心に余裕をもつ方法 自分から行動するという大切さ。

毎日の生活の中でイラっとしてしまったり、思いがけずイヤな空気が生まれたり。

物理的に時間に余裕がないと、どんどん心に余裕がなくなってきてしまった結果かなと反省することがありました。

 

f:id:creative2016:20180203151728j:plain

 

そんなときにふと目にした言葉。

 

 

読んだときは「そうそう」と思っても、実際に常に行動できているかっていうと・・(反省)

こういうことができないなと思えば、またできるように行動しよう。

そう思ったときに「今は自分に余裕がないな」と気が付くきっかけだし、ふと、自分に振り返る機会になりました。

 

私はどうやら、自分が納得していないと行動できないタイプのようです。

例えば、病院に行って

「これからこういう検査をします」

って言われただけだとすごく不安なのです。

「こういうことを調べるためにこれからこういう検査をします」

という何故それを行う必要があるか知りたいのです。

 

仕事でもそういうことがあって、、なぜその作業が必要なのか?分からないまま作業すると非常に心に余裕がなくなってきます。

そういう面があると気が付いてからはきちんと納得いくまで聞いたり調べたりするようにして不安が解消されました。

 

自分がどういうときに心に余裕がなくなるのか?

そうしたらどう行動するか?

 

それが分かるだけで気持ちが楽になって余裕ができるようになりました。

楽しく過ごしていくために自分の心の癖を知っていくのも大切ですね^^