読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理はクリエイティブだ!!

料理は季節の食材や定番食材をさまざまな調理法・味付けを組み合わせれば、無限大。そして、料理の楽しみ方も人それぞれ。そんな楽しい料理について考えています。

スポンサーリンク

料理の仕込みと作り置きについて考える。

https://www.instagram.com/p/BDNd9KnL7qW/

#週末の仕込み #つくりおき惣菜  #パクチー  #お弁当

ほぼ、毎週(たまには平日夜にも)料理の仕込みというか、作り置きをしています。

 

ここで、注意したいのが

仕込みと作り置きは意味が違うということ。

 

仕込みは「下準備」

サニーレタスとパクチーをカットして洗っておくこと。

実際に、食べる前にドレッシングであえたり、加熱したりします。

鍋の汁物も翌日の朝ごはん・夕ご飯になったのですが、食べる前に味噌・ワカメ・ねぎを追加しています。

夜に予定が立て込んでいるけども、だからこそ朝ごはん・昼の弁当はしっかり食べたいと思うなら、仕込みは大事。

 

作り置きは「作って置いておくこと」

もやしナムルや根菜類の煮物はこのまま食べたり、お弁当に入れたりしました。

飲み会が続くときは作り置きのものをちゃちゃと詰めて、お弁当を持っていく。

 

作り置きって意外と難しく

時間がたっても美味しいのはもちろん、飽きないで食べれるか。というのがポイントになるんじゃないかと思う。

ちまたのレシピ本は作り置きであふれかえっているけども、作り置きで一週間とかやってみたこともありますが、は飽きてムリだと思いました。それよりも、作り置きと仕込みをバランスよくやっておくほうがラク。

仕込みだけしておけば、時間短縮にもなるし、出来立て感があります。

とはいえ、作り置きもないと弁当が大変。

 

自分のなかでそのバランス感覚をつかめると、毎日がもっと楽に楽しく料理ができるかなと思います。

 

 

お弁当づくりの地頭がよくなる お弁当のセカイ (正しく暮らすシリーズ)

お弁当づくりの地頭がよくなる お弁当のセカイ (正しく暮らすシリーズ)

 

 これから弁当を作ろうとおもっている人やちょっとマンネリしているなと思っている人にはオススメ!