読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理はクリエイティブだ!!

料理は季節の食材や定番食材をさまざまな調理法・味付けを組み合わせれば、無限大。そして、料理の楽しみ方も人それぞれ。そんな楽しい料理について考えています。

スポンサーリンク

よく噛んで食べる、その効果とは?

頭の中

このブログを書き始めて、なぜか、
自分が早食いだと気が付きました。
ええ!と思うかもしれませんが、本当に、私もビックリでございます。

今までの私の食事の様子

小学校~高校生時代

定食一人分とか食べれないときもあったような・・なので、小食だったと思います。が、食べるペースはみんなと変わらないので、ゆっくりだったのでは?

社会人時代

激務だった時代にご飯すら食べる時間が惜しいときがあり、
おそらくそこで早食いが身についてしまったのではないかと推測します。
いつからか、同じ年代の女性よりも食べるようになり。。

現在

ブログに自分のお弁当をアップすると、他の人の弁当の小ささにビックリするわけです。
「私ならそれ2個は食べれる」といった妙な自信さえあったりします。
友人とランチに行っても、私のほうが確実に食べるのが早いので、友人のペースを途中途中で確認しながら食べていました。

よく噛む生活になったきっかけ


なんとなく、読んだココロでやせるダイエット
160センチ・49キロですので、別にダイエットしようとか思ったわけではなく、本当になんとなく気になって読みました。

ココロでやせるダイエット


この本を読んで、食べるということの意味を考えるようになり
よく噛んで味わって食べよう
という気持ちになり、毎食意識してよく噛む生活を始めました。

2016年5月下旬よりよく噛む生活にしています。
何回とかいうより、本当に意識して、一口を小さめにモグモグ食べる。
自宅であれば、箸置きにおいて、モグモグ食べる。
時間を気にして、早ければ、ゆっくりモグモグする。
という適当な感じです。

よく噛んで食べるようになって変わったこと

  • 前まではたまに胃腸が疲れたとかあるときもありましたが、胃腸の疲れがピタリとなくなりました。
  • 食べる量が減りました。いつものお弁当だと苦しい日もあるので、来週からはお弁当の量を減らしてみます。
  • 食後にあごが疲れたなあと思う日もあります(笑)

食後にあごが疲れるなあと、ちょっと断念しそうなるかもしれません。
が、よく噛んで食べると、
口の周りの筋肉をよく使うことで、あごの発達を助け、表情が豊かになったり、言葉の発音がきれいになる
ということなので、これからも続けていきたいと思います!!


一生太らない生き方 ココロでやせるダイエット

一生太らない生き方 ココロでやせるダイエット