読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理はクリエイティブだ!!

料理は季節の食材や定番食材をさまざまな調理法・味付けを組み合わせれば、無限大。そして、料理の楽しみ方も人それぞれ。そんな楽しい料理について考えています。

スポンサーリンク

マレーシア料理 その1 ナシゴレン

9月の連休を利用して、マレーシアへ行ってきました。

creative2016.hatenablog.com

マレーシアといっても首都のクアランプールマレー半島ではなくて、ボルネオ島でしたので、(ガイドさんいわく)リゾート地的なところです。
山もあるし、海もあるし、料理が美味しいし。
いうことなし!でした。

登山ツアーなので、食事はすべてついていましたが、どれも美味しかった!

初日のランチはナシゴレン

インドネシアやマレーシアで食べられている焼飯。
ガイド 「みんな、辛いものは大丈夫ですか?」
全員  「大丈夫です」
と返答しました。

日本人の我々にとってはちょうどよい辛さ。
上にサテと言われる、甘いソースを絡めた串焼きがあるのですが、鶏とヤギ。
ヤギ独特の風味がありましたが、甘いソースと一緒で食べれました。

が、右奥にある、人参とにんにくを豆板醤であえたようなものがあるのですが、これが本当に辛い。
しかも一口目でにんにくをがつっといってしまって、少しむせるし。。
つい、ガイドが来た時に
ナシゴレン、美味しい!でもさー。この人参、辛いんですけど~笑」
といったところ
「え?辛い?辛くないよ。」
って。。
えー。そうなのか?もしかして、現地で食べるナシゴレンはもっと辛いのかなーー

目玉焼きがガストっぽいなとか。
一人参加がほとんどの登山ツアー。みんなでどこに住んでいるの?とか自己紹介しつつ、美味しいナシゴレンを頂きました。
やっぱり、美味しくて、少し突っ込みどころ(人参辛いとか鶏肉美味しいけど食べにくいとか)があると距離が縮まりますね。


無印にナシゴレンの素があるのかーーちょっと気になるなあ。。