料理はクリエイティブだ!!

料理は季節の食材や定番食材をさまざまな調理法・味付けを組み合わせれば、無限大。そして、料理の楽しみ方も人それぞれ。そんな楽しい料理について考えています。

スポンサーリンク

仕事に効く漢方診断 今津 嘉宏

薬膳を習い始めて、生薬・漢方にも興味が出始めて・・

たまたま書店でみつけた「仕事に効く漢方診断 (星海社新書)

なんか効きそうじゃないですか。

 

f:id:creative2016:20171015190340j:plain

仕事に効く漢方診断 今津 嘉宏 

仕事に効く漢方診断 今津 嘉宏


働いているとちょっとくらい体調が悪くても休めない。

病院にも行く時間もない。

ビタミン剤やエナジードリンクなどを飲んで、なんとか乗り切ろうとしている人にこそ、そんなのは捨てて「漢方薬」を生活に取り入れよう!

というコンセプトの本です。

 

まず最初に書かれているのが

漢方とは何か?ということ。

ずっと、中国が本場だと思っていましたが、正しくは「中国生まれで日本独自で発展させたもの」になるそうです。つまり、漢方の本場は日本であり、中国を本場とする医学は中医学になります。

 

漢方で誤解されていること

  • 漢方は心にも効く
  • 漢方は即効性がある
  • 漢方には副作用がある

という理由がキチンと書かれています。

私も漢方薬って2,3か月飲んで体質が変わるものと思っていましたが、自分に合うものを飲めば、すぐに効果が実感できました。

 

それぞれのエピソードを元に漢方薬を選んでいく。

二日酔い、肩こり、筋肉痛、便秘、冷え性などなど。

ただ、難しいなあと思ってしまうのが

便秘を一つとっても、いろいろな症状・原因があり、自分に最適な漢方薬を見つけれるだろうか?という点。

 

ただ、漢方薬は長く飲まないと効かないというものではなく身体に合っていればすぐに効きます。(私も実感しました)

 

最後に、漢方的なお茶や食材について

それぞれのお茶や食材の特性を理解して、食べましょうというもの。これは非常に分かりやすいし、自分の生活にも取り入れやすいんじゃないかな。

 

私もまだまだ勉強中なのですが、

この本を読んで、しっかりと養生して、漢方と西洋医学とうまく使い分けていきたいなと思いました!